スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淫堕のアイドルデビュー 6


官能小説 催眠 アイドル



「・・・ゃぁっ・・・、っふぅっ・・・」

つややかでしっとりと色づいた太ももをあられなく晒しながら
ビクンビクンと体をふるわせる亜未。
内ももには、太い線を描く透明な汁がしたたり
うつろな表情を浮かべる顔はピンク色に染まりきっている。

「 あ・み・ちゃ・あ・ん♪ 」

カメラを三脚にセットし、ニヤニヤと笑いをたたえた山本が
モデルしか上がってはいけないはずのロールスクリーンにずかずかと入り込んでくる。
その手はベルトをはずし、ズボンのチャックをはずしながら。

「どうしたのぉ、これ?
 あれ、亜未ちゃんは自分のお洋服みてもらいたいだけで
 このお仕事はじめよぉっておもったんだよねえ。
 テスト不合格だなあ・・・。」

イってしまった後のショックで、体はまだびくびくしていても
言葉を発することができないでいる亜未のスカートをめくりあげながら。
山本は自分の屹立しきっている欲望の形を隠すこともせず
亜未の淫らにほころびきったおまんこにその切っ先をあてる。

「やっぱり亜未ちゃんはいやらしいだけの子だったんだねえ。
 お仕事もできない子がこんなスケベな格好して
 男の前でマン汁だらだら垂らしてんだもん。
 たべちゃって、いい、よねっ!!!」

そういいながら、山本はガチガチに硬くなった極太チンポを
亜未のぐちゃぐちゃまんこへ勢いよくぶちこんでいく。

 ぶちゅっぐちゅうっ・・・・

下品な音を立てながら男の欲望が亜未の秘裂に埋まっていく。

「うっはああぁぁぁ、きもちいいいぃぃ・・・」

「やあああぁぁっ、・・・っはっぁあ・・・んっ・・・。」


 ぐちょっ、ぐちょっ、ぐちょっ


濡れそぼってぐちゃぐちゃになっていた亜未のおまんこは
犬の体勢で男の容赦ないピストンを受け入れ
音をたててしぶきを飛ばしていく。

(いやぁっ・・・やぁっ・・だめえきもちいいっ・・ちんぽはいってるっ・・・
 こんな、変な社長にっ・・・はじめてあったひとに・・・
 だまされたみたいにチンポいれられて、かんじちゃってるっ・・・!!
 だめだめだめっ・・・きもひいぃぃっ・・・・)

「はぁっはぁっ・・、おらっ・・、そのぶるんぶるん揺れてるデカパイ見せろっ・・・」

山本は挿入したまま亜未の体をおこし、背面座位のような格好にしてカメラにむかせる。
激しい動きで肩口まで堕ちているセーターを無理やり引き下げ
後ろから突くたびにぶるんぶるん揺れていた巨乳を露出させてしまう。


「ほぉら、亜未ちゃあん。君のかわいいおっぱいがカメラにうつってるよお。
 今、こうやってエッチしてるところもちゃぁんと動画に撮っておいてあげてるからね^^
 大股びらきでボクのデカチン咥えこんで、このエロい巨乳もろだしにしてるところ
 よおくビデオでとっておこうねえ・・・。」

「あっあっ・・・びで・・お・・?ダメッ・・こんなやらしいとこっ・・
 びでおとかっだめえっ・・・・ああっ・・やんっ・・・そんなしたらだめっ・・ああんっ・・」

セーターからとびでた巨乳を揉みしだかれ、下からは極太ちんぽでつきあげられ
耳元ではカメラでこの痴態を録画していることを告げられる。

なにもかもが恥ずかしくてどうしてこんなことになってしまったのかわからないまま
ひたすら快楽だけが脳を占めていく。
今すぐにでもカメラを止め、データを消して、この男を訴えなければならないのに、
止まらない快楽によって理性がめちゃくちゃに破壊されてしまう。

「亜未ちゃん、えっろっ・・・。カメラ撮ってること教えたら
 ぎゅんぎゅんしめつけてくるっ・・。ほんとに見られるのすきなんだねぇっ・・・。
 この露出狂女っ。ぐふっぐふふっ・・。」

「ちがうのっ・・ちがう・・ろしゅつきょうなんてっ・・・ちがっ・・・
 あ、やだっだめ・・・ふぁっ・・んあぁぁっ・・・・。」


ただの単調な動きで突いているだけのピストンにも、びしゅびしゅと潮を吹く
快楽にだらしない亜未。そんな様にもうたまらなくなった山本は
もう一度四つん這いにして髪をつかんでカメラに顔を向かせ耳元で囁く。


ばちゅんばちゅんばちゅんばちゅん。
激しいピストンにセーターから絞り出された巨乳がブルンブルン揺れる。

「あぁっ・・!あんっあんっだめっ、もっとゆっくりぃっ・・!・・あっ・・!!」

「はぁはぁっ・・。もっと我慢しなきゃぁっ・・。そのいやらしい顔全部録画してあげるからねえ。
 知らない男にこんな場所でタダマンされてぐちゃぐちゃに感じてる顔ぜんぶうつっちゃうよお。
 おおっだめだっ・・・もう、でるっ・・・ああぁっ・・・」

「やぁっ・・!!だめっ・・!なかっ、ふくらんでびくびくゆってるっ・・でちゃうっ・・・・・!!」

「うおおおおおぉぉっ・・・・」

AV男優のように射精前のペニスを器用に抜き、亜未の顔に向ける。
快楽で緩んだ雌犬の顔になった亜未にむけて、たまりきった欲望をぶちまけていく。

びゅるっびゅるびゅるびゅるっ・・・

「ふぁぁぁあああっ・・・・・やぁっ・・・・・・」

びちゃびちゃっという音がしそうなほど濃い精液が亜未の顔を真っ白に染めていく。
それほど山本のザーメンはねっとりとして量が多かった。


「はあはぁっ・・・、ふうっ・・。いやあ、亜未ちゃん。
 エロいお化粧してますますかわいくなったじゃあん・・・。うふうふふっ・・・。」

「あああっ・・・いやぁっ・・・。あぁぁん・・・。」

濃すぎてだらだらと口元に垂れてくる精液の臭いに、頭が焼きつきそうになっている亜未は
全ての理性が奪われ、これからのことも何もかも忘れて、ただ快楽の波に漂っていた。

テーマ : 自作長編官能恋愛小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

初めての方へ


「亜未の妄想かなえて!」へようこそ。


このサイトでは「巨乳・催眠・調教・媚薬・寝取られ」ジャンルのオリジナル官能小説を連載しています。
なお、18歳未満の方は閲覧をお控えください。よろしくおねがいします!


現在連載中の作品

 淫堕のアイドルデビュー
 ・淫堕のアイドルデビュー プロローグ1
 ・淫堕のアイドルデビュー プロローグ2
 ・淫堕のアイドルデビュー 1
 ・淫堕のアイドルデビュー 2
 ・淫堕のアイドルデビュー 3
 ・淫堕のアイドルデビュー 4
 ・淫堕のアイドルデビュー 5
 ・淫堕のアイドルデビュー 6
 ・淫堕のアイドルデビュー 7
 ・淫堕のアイドルデビュー 8
 ・淫堕のアイドルデビュー 9

です。


・7月3日 おひさしぶりです!リクエスト・コメントありがとうございます。次の作品が書けるようにがんばります!リハビリ中。

プロフィール

亜未

Author:亜未
亜未が妄想してるお話を教えちゃいます。好きなジャンルは巨乳・催眠・調教・媚薬・寝取られ などです。リクエストもおまちしています!メールフォームからどうぞ!
※当サイトは18禁です。

キーワード

媚薬 ハメ撮り キモ男 コスプレ 巨乳 ワンピース 痴漢 ナミ 

カテゴリ
最新コメント
Twitter...

Twitter Reload

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング
スポンサーリンク
オススメH同人
オススメHマンガ
オススメ官能小説サイト
01.gif
オススメH小説
オススメHコミック
さいみん メルティムーン 醜男凌辱 ヴァージンコントロール~高嶺の花を摘むように~【総集編】 Mっ娘折檻倶楽部 獄姦WEBサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。